読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女生徒亭日常

アウフヘーベンしてみたいヽ(・∀・)ノ

読書★

読録

こんにちは~『なんしー★』です。

 

っていっても誰もまだ訪問してくれてません(笑)誰かこーい!

 

今日は雨です。某所は春の嵐といったところでしょうか、雨風ともに強く外には出られません。

 

私は学生なので、まだ春休みを満喫中ー。

今日はアルバイトもないので、家でゴロゴロー時に凛りんしてます。

 

タイトル通り、本を読んでるよ!

今読んでるのは之でシュ★f:id:nancy-jo:20140330154954j:plain

 

 

ニコライ・ゴーゴリの『外套・鼻』平井肇訳(岩波文庫

 

です。

 

うわ画像でかくね?次から気をつけましゅ。

 

女生徒が読むような小説なのかな?わかんない←

でも、すっごく面白いんだよー。ゴーゴリさん。

人道主義的、ユーモラス、なんというか、私は文学的知識がないからわからないけど、小説―って感じがする。

私が小説にハマった経緯とかは追々話すつもりだけど、実は、国語の成績とかフツーで『2』とかなんだ(笑)

 

超絶言い訳になんだけど、いわゆる『小説好き―!』的な人はあんまし好きくないんだ。

 

学校のイケてる連中を白けた目で見たり、「現実とかマジつまんないからー」みたいなスタンス、私は嫌いなの…

 

本来、文学ってそーゆーものじゃないでしょ!!びし★

(↑国語2です)

 

・・・すいません、っていうか誰も見てないのに(笑)

 

まぁ兎にも角にも、私はしっかりと現実に向き合いたいというか、それをしたあとで

『マジも―知らんコッチャないぜビッチー・イワンコフ―!』ってなってドン・キホーテみたいになったらカッコいいなぁって思うけど、最初っからしらけてる物語…っていうか人は嫌なの!

 

・・・あっまた、すみません悪口ばっかで…

 

さて、このゴーゴリさんの『外套・鼻』、あの文豪ドストエフスキイも頭が上がらない小説なんだそうで、

《われわれは皆ゴーゴリの『外套》の中から生まれたのだ》

と言っていたんだって!(われわれって誰だ?皆?みんな…みんなの党…8億…)

 

ゴーゴリさんも、そしてドストエフスキイさんもロシアの作家さんですよね。

ロシアには他にもトルストイっちとかもいてて、すごいぜロシア!リプニツカヤちゃんもね。

 

何度もいうように、つい最近まで(二年前くらい)私は文学的知識はゼロでしたー。

家には本棚すらなかったし、国語の成績も悪いし(リケジョです★この「~女」って表現嫌いなんだけど)。

さすがにルーツなさすぎやろーって思ってたけど、悔やんでもしょうがないしそんなこと学校の友だちには相談できないし、一人でなんとかしようと現在奮起しております!(勝手にしやがれだね)

 

今は便利な時代でして、ブッ○オフとかいけば100円で超面白い本が買えるし、インターネットでロックンロールも見れるし、すごいと思う。

まぁライブに勝るものはないのだろうけど。

 

こうしてブログを書いてるのは、やっぱり誰かに伝えたいからなんだろうなぁ。

学校の友だちにはバレたくないけど、やっぱり誰かに伝えたい。

知りたいけど知りたくない…的な?

ウザいですねすみません。。。

 

とにかく、高校生活もあと一年!この一年間で小説とロックをもっと味わえたらな―って思ってるんだ★

鼻につくようなマニアになるつもりは毛頭ありませんが、有識者の方々、どうかお力添えを!)m(__)m

 

というわけで、まだ訪問者数ゼロ件のブログでした~←