たけだ

復活

『The Last Leaf』by O.Henry ④



『The Last Leaf』by O.Henry ④

医者が行ってしまった後で、スーは仕事部屋に入って、そして、スーは泣いて、日本製のナプキンをドロドロの状態にしてしまった。
それから踏ん反り返るような歩き方で、ジョーンジーの部屋に入っていった。スケッチブックを持ち、そして口笛でラグタイムを吹きながら。

ジョーンジーは横たわっていた、寝具の下でほとんど動くこともなく、顔を窓に向けたままで。
スーは口笛をやめました。ジョーンジーが眠っていると思ったので。

スーは画板を整え、雑誌小説の挿絵となるペン画に取り掛かったのだった。
若い画家は雑誌の挿絵を描いて芸術の道を切り開かなければならない。その雑誌小説といえば、若い作家が、文学の道を切り開くために書かなくてはならないものなのです。

スーが、主人公のアイダホ州のカウボーイが身につける優美なホースショー用の乗馬ズボンと、片眼鏡を描いているときに、低い声がーー数回繰り返された。スーは急いでベッドのそばに行った。