たけだ

復活

『Cat in the Rain』by Ernest Hemingway ④



『Cat in the Rain』by Ernest Hemingway ④

夫人とメイドは砂利道を引き返して、ドアをくぐった。

メイドは外で傘を閉じた。

女がオフィスを通り過ぎる時、ホテルのオーナーがデスクからお辞儀をした。

彼女の体の中で、何かとても小さくて、キュッとなるようなものが感じられた。

オーナーが自分のことをとても幼くて、そして同時にとても重要な存在であるかのように感じさせた。
オーナーのせいで、自分は幼くて、そして同時にとても重要な存在であるかのように感じられたのだった。

彼女は、自分がとても重要な存在であるかのような、つかの間の感覚を抱いた。

彼女は階段を上がっていった。自分の部屋のドアを開けた。ジョージはまだ本を読んでいた、ベッドの上で。

「猫を捕まえたのかい?」彼は本をおいて言った。

「いなくなっていたわ」

「どこかに行ったんだろうと思うよ」彼は言った、読書から目を休ませて。

妻はベッドに腰掛けた。

「とってもあの猫が欲しかったのよ」彼女はいった「どうしてあの猫をそんなにも欲しかったのかわからないけど。あの可哀想な子猫が欲しかったのよ。雨の中で子猫が外にいるなんて、ちっとも面白くないわ、いいことじゃないわ」

ジョージはまた読書に戻っていた。

妻は部屋を横切って化粧台の鏡の前に座った。そして手鏡で自分の姿を見ていた。彼女は自分の横顔をじっくり見た。最初に片側、そして反対側も。それから、後頭部と首のあたりも。

「髪を長くしたらいいと思わない?」自分の横顔を見ながら言った。

ジョージは、少年のように刈り上げてある、妻のうなじを見た。

「今のままがいいよ」

「もうこれには飽きたわよ」彼女は言った「男の子みたいに見えるのはもう飽き飽きなのよ」

ジョージはベッドで姿勢を変えた。彼は彼女が話し始めたときから視線を外すことはなかった。

「とっても素敵だよ」と彼は言ったのだった。