たけだ

復活

『The Last Leaf』by O.Henry ②



『The Last Leaf』by O.Henry ②

ずんぐりとした3階建てのレンガ造りの最上階ではスーとジョーンジーがアトリエを持っていた。
ジョーンジーとは、ジョアンナの愛称です。スーはメイン州(東北部、ニューイングランド内)の出身で、ジョーンジーはカリフォルニア州(西海岸)の出身でした。
スーとジョーンジーは8番街の『デルモニコの店』の定食で出会って、そして芸術とチコリのサラダとビショップスリーブの趣味がピッタリ合っているとわかって、だから共同のアトリエを持つことにしたのでした。
それは5月の事であった。

11月に入ると、冷たくて、目に見えないよそ者が、そのコロニーを歩き始めました。そのよそ者は、医者から肺炎と呼ばれていて、氷のような指で、そこかしこにいる人に、触れて行くのでした。
この東地区をこの破壊者は大股で歩き回り、何十人もの犠牲者を出していった。しかし彼の足取りは、狭くて苔むした『プレイス』の迷宮を通るときには、ゆっくりになった。

ミスター肺炎は、いわゆる騎士道精神に満ちた老紳士ではありませんでした。
カリフォルニアのそよ風でもって、薄くなってしまっている血液を持った小柄なご婦人は、血に塗れた手を持った息遣い荒い、年寄りのいかさま師の、到底獲物にはならなかった。
しかし、ミスター肺炎がジョーンジーを襲いました。その結果、ジョーンジーは床に伏すことになって、ほとんど動けなくなりました。自分の絵が描かれてある、鉄のベッドに横になったまま。小さなオランダ風の窓ガラスを通して、隣にある煉瓦造りの家の何もない壁を見ていることになった。