たけだ

復活

『The Last Leaf』by O.Henry ⑦



『The Last Leaf』by O.Henry ⑦

ジョーンジー、ねえ」とスーがジョーンジーの上にかがみこんで言いました。「目を閉じて、窓の外を見ないって約束してくれない?私の仕事が終わるまで。これらの絵を明日までに出さなきゃいけないのよ。描くのに灯りがいるのよ、そうでなきゃ日よけを降ろしてしまうのだけれども」

「違う部屋で描いていただけないかしら?」ジョーンジーは冷たく言った。

「むしろ、あなたのそばにいたいのよ」スーは言った。「それに、あんなつまらないツタの葉っぱなんか見ていて欲しくないのよ」

「終わったらすぐに教えてね」とジョーンジーは、目をつむりながら、倒れてしまった彫像のように、白くて動かない様子で横たわって言った。「だって最後の一葉が散っていくのが見たいもの。もう待つのは懲り懲り、考えるのにもこりごり。掴まえていたものすべてを離したいの。そしてあの哀れで疲れた気の葉っぱみたいに、私も落ちて行きたいの。」

「もうお休みなさい」とスーが言った。「ベアマンさんを上に呼んでこなくちゃいけないの、私の、年老いた世捨て人の炭鉱夫のモデルになってもらうために。すぐに戻ってくるわ。戻ってくるまで動かないでいてね」