たけだ

復活

『The Last Leaf』by O.Henry (11)



『The Last Leaf』by O.Henry (11)


「これが最後の一枚ね」とジョーンジーが言った。「昨夜のうちに散ってしまうんじゃないかと思っていたんだけど。風の音を聞いたから。今日は落ちてしまうんじゃないかしら、そうしたら、一緒に私も死んでしまうのよ」

「ねぇお願い」スーは疲れた顔を枕の方に近寄せて言った。「あなたもし自分のことを考えないっていうんなら、せめて私のことを考えてちょうだい。私はどうしたら良いの?」

でもジョーンジーは何も答えませんでした。この世で最も孤独なのは魂です、それが神秘に満ちた、遠くへ旅立つ準備をしている場合には。
死という幻想がジョーンジーをより強く捉えているように見えた。だんだんと彼女を、友情とそしてこの世に結びつけている絆が弱くなっていたのだった。

日がだんだんと経っていって黄昏を通してさえも、二人は壁にくっついた、ツタの茎にしがみついているたった一枚のツタの葉を見ることができた。
やがて夜が来て、北風が再び吹き出して、そしてそうこうしているうちに雨が窓を打ち続け、低いオランダ風の庇(ひさし)から下へとその雨がパタパタと音を立てて落ちていた。

朝が来て、ジョーンジーにとって十分なくらい明るくなって、ジョーンジーは冷酷な人になっていて、日除けをあげるようにと命じたのでした。
そのツタの葉はまだそこにありました。